影山 ニンゲンは、ニンジンだけじゃ動かない。

[広告] 楽天市場

  • 生理学マスター 国家試験対策 [ 影山照雄 ]
  • 奇異太郎少年の妖怪絵日記(9) (マイクロマガジン☆コミックス) [ 影山理一 ]
  • 【中古】ハイキュー!!バボカ/ノーマルバボ/キャラカード/拡張パック第7弾 全国への挑戦[HV-07] HV-07-004 [ノーマルバボ] : 影山 飛雄
  • キャラクター はんこ【キャラ ネーム印】ハイキュー!! vol.1 日向翔陽 / 影山飛雄 / 澤村大地 / 月島蛍 / 山口忠 / ヒナガラス(日向)【3000円以上で送料無料!】【メール便可】(印鑑 かわいい シャチハタタイプ タイトー)
  • 保健室の影山くん 1/天乃忍【2500円以上送料無料】
  • 奇異太郎少年の妖怪絵日記 全巻セット (1-9巻 最新刊)/影山 理一/マイクロマガジン社

そろそろ影山にも答えておくか

1月(6日~)

 

 

(2014年1月6日 福島民友ニュース)
福島市の無職影山真基子さん(66)が3日から行方不明になっていることが5日、分かった。

福島署で捜索している。
同署によると、影山さんは3日午後6時ごろ、徒歩で外出したまま自宅に戻っていないという。

身長約150センチ、中肉。顔は面長で黒いカーディガンとピンク色のベストを着て、

紺色のジーンズ、黒い革靴を履いている。家族が4日、同署に届け出た。
また、福島市の無職香野勝広さん(58)が2日に自宅を出たまま行方不明になっていると、

家族から5日、福島署に届け出があった。
同署によると、香野さんは2日午後2時ごろ、徒歩で外出したまま自宅に戻っていないという。

身長約160センチ、中肉で四角い顔の短髪。

黒っぽい服を着ていて、つえを使用。眼鏡を掛け、右目に眼帯をしている。

栃木県真岡市で自動車の追突事故があり、父親と5歳の三男が死亡し、

14歳の長男も意識不明の重体です。
5日午後3時前、真岡市の農道で

「車と車の事故があり、けが人がいる」と119番通報がありました。

この事故で、追突された車に乗っていた会社員の久保田優さん(34)と

三男の夏ちゃんが頭を強く打つなどして死亡し、長男の朝君(14)が意識不明の重体です。

追突した車に乗っていた山崎恭子さん(55)も大けがをしました。

警察は、追突した車を運転していた山崎寛二容疑者(55)を

自動車運転過失傷害の疑いで逮捕し、容疑を自動車運転過失致死に

切り替えて調べています。

山崎容疑者は「気がついたら目の前に車がいた」と話しているということです。

〔⇒6日付のブログによると、いっこく堂は2日に都内で昼夜2回のショーを開催。

一夜明けた3日夜中の就寝中に腰の激痛に襲われ、

動くこともままならず救急車を呼ぶに至り、受け入れ先で尿管結石と診断されたという。
診断から3日が経った現在、いっこく堂は自らブログを書くのもつらい状態とのこと。

事務所では「今は痛み止めでなんとか痛みはやわらいでいますが、

結石はそのままあるので体調はすぐれない状態です」と報告している。〕

 

 

~その他~

〔罹病〕

〔2014〕

〔2013〕

救急車の2012年度の出動件数は580万2455件で、

過去最多を記録したことが、総務省消防庁の集計で分かった。

2011年度比9万4800件(1.7%)の増。

搬送人員も6万7573人(1.3%)増えて525万302人となり、

過去最多を更新した。

 

救急車の搬送件数を傷病別に見ると、

急病(364万8074件)が最も多く、

次いで一般負傷(82万9071件)、

交通事故(54万3218件)

と続いた。

 

119番通報があってから救急車が現場に到着するまでの時間は、

全国平均で8.3分(前年8.2分)。

統計を取り始めた1985年以降、過去最長だった。

通報から病院収容までの時間も、過去最長だった前年の38.1分から0.6分延びた。

消防庁は、過去最長を記録した要因として、

▽現場到着までの所要時間の延伸

▽収容所要時間が最も長い一般負傷者の搬送人員の増加

▽管轄外搬送人員の増加―などを挙げている。

一方、消防防災ヘリの救急出動は前年比201件(5.8%)減の3246件となった。

救急医療関係者は、

「ドクターヘリの全国的な配備が進んでいることが一因とみられる。

今後、消防防災ヘリの救急出動は減少することが考えられる」としている。

 

冬場の入浴、お年寄りはご注意を-。

急激な温度変化で脳卒中や心筋梗塞を起こしたりする「ヒートショック」

について

神戸市消防局が注意を呼びかけている。

寒い時期に高齢者が暖かい居間から冷えた風呂場へ移動したり、

急に熱い湯につかって症状が出るケースが多く、

今年は11月末までに657人の救急出動要請があった。

さらに冷え込みが予想される本格的な冬の到来に向け、同局は警戒を強めている。
ヒートショックは空調の効いた暖かい部屋と、

寒い脱衣所、冷えた浴室と熱い浴槽など急な温度変化を繰り返す入浴時に、

血圧の上昇と下降を繰り返すことによって意識を失うなどの症状を起こす現象。

重篤な場合、心肺停止などになることもあり、

血液の循環調整機能が低い高齢者に起こりやすいという。

市消防局によると、昨年は722人からヒートショックとみられる救急出動要
請があり、

約80%が65歳以上だった。

また、救急隊員が到着した時点で約22%の160人が死亡しており、

独居の高齢者が浴室で水死しているケースが多い。

命は取り留めたが130人が3週間以上の入院が必要な重い症状だった。

今年11月末現在でヒートショックで搬送された人は

昨年同期比で49人多く、年末に向けてさらに増える恐れがある。

同局は対策として、浴室内の温度を上げて浴槽との温度差を小さくする

▽入浴前に足下から心臓に向かってかけ湯を行い、長湯をしない

▽高齢者や高血圧症の人は「二番湯入浴」を心がける-

などを呼びかけている。

〔2012〕

〔2011〕

〔2011〕以前(参考)

 

〔病死〕

〔2014〕

腎不全   佐藤知道氏(熊本・元第一製薬〈現第一三共〉専務)(92)

〔2013〕

〔2012〕

〔2011〕

〔2011〕以前(参考)

 

 

~その他~

〔国外脱出or西日本移住〕等

 

 

 

~動物関連~

〔病死&罹病〕

〔2014〕

〔2013〕

17日午前9時15分ごろ、福島県本宮市糠沢字小田部の阿武隈川支流の仲川に、

大量の小魚が浮いていると国土交通省福島河川国道事務所に通報があった。

同事務所と河川を管理する県が調べたところ、

小魚50〜100匹が死んでいるのが見つかった。

同事務所によると現場は阿武隈川合流点から上流約4・5キロ。

合流点にオイルフェンスを設置するとともに、

死んだ小魚の見つかった周辺の水質を詳細に分析している。

発見後に行った河川の巡視や簡易水質検査で異常はなかったという。

 

〔2012〕

〔2011〕

 

 

 

20120218040820.jpg

20120710173652.jpg

影山 暑い暑いと文句言えるシアワセよ。

BLです。

ご注意ください。
「ねぇ、影山さん・・・俺はいつになったら鍵を開けられるんですかね?」
開けられない鍵は無い
何でも開けてくれることで有名なセキュリティー会社の榎本さんに連絡を取ると、偶然近くで仕事をしていたそうであまり時間をかける事なく到着してくれた。
「榎本君、もう少しだけ待っててくれるかな?
あちらのゴーが出ないと何とも言えないので」
あちらの貴族様の御達しで暫く2人きりにする時間を取らなくてはいけなかった。
「・・・・ニノは?」
「坊ちゃんはあなたが既に居るのは知らないので、今来ましたみたいにお願いしますね」
こんな事、勿論私は望んでなんかいない
グッと堪えてこの後の段取りを確認する。
「・・・なんだか色々と大変みたいですね」
「・・・・・・・・はぃ」
察してくれて助かります・・・・
深々と頭を下げた。
「榎本様、お待ち頂きまして申し訳ありません
こちら、宜しければお召し上がり下さいませ」
「あ、どうも すみません」
田中さんがお茶を持ってきたって事は
まだゴーは出ないって事か・・・・・
坊ちゃん・・・・どうかご無事で・・・
自分の願いは虚しくも届かないだろう
「でも貴族ってこの国に居たんですね」
「知る人ぞ知るって感じでしょうね」
「・・・少しだけ興味が湧きました」
「え?そうなんですか?珍しい」
「きっと年季の入った鍵を使ってる物を沢山所有してるんでしょうね」
「あーー、そっちで・・・」
流石、防犯ヲタク
目の付け所が違いますね・・・
榎本さんは
坊ちゃんと仲良くしている数少ない1人
でも素性の分からない男で
裏の顔があるんじゃないかと私は思っている。
主人の足元を掬われたら困るので
直接本人に聞いてみた事があったが
あながち間違ってないですと笑っていた。
坊ちゃんは何者でも自分の役に立つならいいと言っていましたけど・・・・
「榎本様、お待たせ致しました。時間になりましたのでよろしくお願いします」
「あ、はい・・・どこですか?」
やっと、2人の時間が終わったようで
救出に向かう。
やれやれ・・・2人になって坊ちゃんに何をされてんだか・・・・
そして、鍵はあっという間に開けられた。
中から出て来た坊ちゃんの機嫌は
やはり
最悪だった・・・・
「あ、坊ちゃんネクタイが少し曲がっております」
「ぅ、うるさい!早く直せ!////////」
「失礼しました」
そそくさと直していると
首筋に赤い痕が付いているのが目についた。
「・・・・・・わざとですか
チラッと貴族の方に目を向けると
分かっていたかのように不敵に微笑んでいた。
「ん?、どうした?」
「いえ、なんでもないです」
流石に坊ちゃんの気持ちが無いのに最後まではいかないにしろある程度は攻め込んで来てますね・・・・
坊ちゃんが流されるような事は無いだろう・・・
でも相手が相手だから心配が募るばかりだった。
貴族へ挨拶していた榎本がこちらに寄ってくる。
「榎本、今日はすまないな」
「いえ、そんな難しい形のものでも無かったですし、あれなら普通の業者でも大丈夫でしたよ」
「あーそっか、まぁ久々に会えたし良いじゃん?」
「そうですね、こんな時じゃないと呼んでくれないから」
「あはは、そう言うなって。じゃあ今夜久々に飲もうか?」
「いいですね」
坊ちゃん、そんな楽しそうなお顔でお話してるとまた面倒な事に・・・・・
「なにやら楽しそうだねぇ、君がそんなに笑顔を見せるなんて私は知らなかった」
ほら来たっ
嫉妬深い貴族様が既に榎本さんを
ロックオンしていた。
「・・・・おまえには関係ないだろ」
「坊ちゃん〜」
「和也は私にはつれないばかりだ」
口を尖らせて拗ねた顔をした貴族様は
素早く坊ちゃんの体に手を回して腰を抱いた。
そのスマートな立ち振る舞いと
身長差、お二人の見目が麗しいせいか
わ、なんだか・・・・
同性同士なのにお似合いだと思ってしまった///
「お二人はそういうご関係で?」
「ちがう!」
「そうだよ、鍵師くん」
お互いに否定と肯定を同時に発する。
「・・・・・・お似合いですね」
「榎本
/////」
「ふふっ分かってくれるかぃ?」
その言葉に機嫌が戻った貴族様は
榎本さんの事を気に入ったようで
今度開かない歴史ある宝箱があるから
是非お願いしたいと
榎本さんの大好物を目の前にぶら下げて
自分の手中へと誘っていた。
やれやれ・・・・結局今日は
なんの日だったんでしょうね・・・・
でも・・・・・・
チラッと盗み見るように様子を伺えば
耳まで赤くなって照れてる坊ちゃんは
乙女のような顔をしていて
ドキリと胸が騒いで
一抹の不安を覚えてしまう・・・
坊ちゃん・・・・
貴方がまた傷付く方へ向かっているのなら
私は何があっても止めさせて頂きますよ
私の身がどうなろうとも・・・・・
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中