高度に発達した真澄は魔法と見分けがつかない

[広告] 楽天市場

  • 【宮坂醸造・真澄】純米「奥伝寒造り」(720ml/箱付)包装・のし紙対応可能
  • 真澄 夢殿 純米大吟醸 1500 限定 只今入荷
  • 【宮坂醸造・真澄】大吟醸「夢殿」(720ml/箱無し)包装・のし紙対応不可
  • 真澄 純米酒 奥伝寒造り 1800
  • 特撰 真澄 本醸造 1.8L 1本
  • 真澄 純米吟醸 辛口生一本 1800ml 長野の日本酒

Googleが認めた真澄の凄さ

~あの頃の歌を今~
【Hit Song JAPAN昭和☆同窓会コンサート】

皆様があの日に帰れる名曲を
どうぞお楽しみ下さい。

★昼・夜の部で一部歌う曲が異なります。
昼・夜ともご覧になられる方は
そちらもお楽しみに~♪

★新しいユニット
『チーム同窓会2020』と
西城秀樹さんを中心に
豪華なゲストを迎え
今まで以上の楽しいコンサートになるよう
出演者・スタッフ共々
頑張りますので
応援よろしくお願いいたします。

★チーム同窓会メンバーで
新しく録音いたしましたCD
『Hit Song JAPAN(ヒットソングジャパン)昭和~あの頃の歌が今~vol.1』
※会場限定にて販売中~♪

全20曲。3,000円(税込み)

そちらもよろしくお願いいたします。

++++++++++++++++++++
明後日〔6月25日〕から
〔7月〕〔8月〕〔9月〕のスケジュールに加え
〔10月〕のスケジュールも出ましたので
ご案内させていただきます♪

《公演予定日》

6/25(水)
  春日井市民会館

6/26(木)
  ひこね市文化プラザ

6/27(金)
  豊川市文化会館

7/2(水)
  エブノ泉の森ホール(泉佐野市立文化会館)

7/3(木)
  メルパルク大阪

7/4(金)
  高槻現代劇場

7/8(火)
  広島文化学園HBGホール

7/9(水)
  ふくやま芸術文化ホール

7/10(木)
  倉敷市民会館

7/11(金)
  神戸文化ホール

7/15(火)
  宝山ホール(鹿児島県文化センター)

7/16(水)
  アルカス佐世保

7/17(木)
  下関市民会館

8/20(水)
  中野サンプラザ

8/26(火)
  三重県総合文化センター

8/27(水)
  岐阜市民会館

8/29(金)
  千葉県文化会館

9/8(月)
  松山市民会館

9/9(火)
  高知県立県民文化ホール(オレンジホール)

9/10(水)
  徳島市立文化センター

9/19(金)
  オリンパスホール八王子

9/24(水)
  岡山市民会館

9/25(木)
  姫路市文化センター

9/26(金)
  橿原文化会館

9/27(土)
  宇治市文化センター

**********************

10月以降のスケジュールは
初めて発表するので

丁寧に ご案内~♪

■出演者

西城 秀樹さん
尾藤 イサオさん
加橋 かつみ(ザ・タイガース)さん
山田 パンダ(かぐや姫)さん
大野 真澄(ガロ)さん
あいざき 進也ちゃん
晃(フィンガー5)くん
小川 知子さん
今 陽子(ピンキー・ピンキーとキラーズ)さん
西口 久美子(青い三角定規)さん
LILIES(リリーズ)ちゃん
私・あべ 静江

※開演時間は
公演日によって多少の変動がございます。
下記、会場ごとの詳細をご確認下さい。

※出演者は
都合により変更になる場合があります。
予め、ご了承下さい。

■料金:全公演共通
プレミアムシートSS席8,000円(税別)
S席7,000円(税別)

※三貴エージェンシーでの取り扱いはプレミアムシートSS席のみになります。

※特別割引チケット、S席チケットにつきましては
下記、夢グループ(TEL0-595-5261)まで
お問い合せ、お申し込みをお願いいたします。

■送料:1口500円(税込)
(チケット代金合計30,000円超える場合は1,000円)

***************************

《会場詳細》

■日程:2014年10月7日(火) 
■時間:[昼の部]13:30開場/14:00開演
    [夜の部]17:30開場/18:00開演
■場所:富士市文化会館ロゼシアター
■住所:〒416-0953
    静岡県富士市蓼原町1750番地
■会館HP:
※大野真澄さんの出演はありません。

+++++++++++++++++++++++++++

■日程:2014年10月8日(水) 
■時間:[昼の部]13:00開場/13:30開演
    [夜の部]17:00開場/17:30開演
■場所:浜松市教育文化会館はまホール
■住所:〒430-0937
    浜松市中区利町302-7
■会館HP:
※大野真澄さんの出演はありません。

+++++++++++++++++++++++++++

■日程:2014年10月9日(木)
■時間:[昼の部]13:30開場/14:00開演
    [夜の部]17:00開場/18:00開演
■場所:豊田市民文化会館
■住所:〒471-0035
    豊田市小坂町12-100 
■会館HP:
※大野真澄さんの出演はありません。

+++++++++++++++++++++++++++

■日程:2014年10月27日(月)
■時間:[昼の部]13:30開場/14:00開演
    [夜の部]17:30開場/18:00開演
■場所: 那覇市民会館
■住所:〒902-0064
    沖縄県那覇市寄宮1-2-1
■会館HP:
※山田パンダさんの出演はありません。

+++++++++++++++++++++++++++

■日程:2014年10月28日(火)
■時間:[昼の部]13:30開場/14:00開演
    [夜の部]17:00開場/18:00開演
■場所: 沖縄市民会館
■住所:〒904-0006
沖縄県沖縄市八重島1-1-1
■会館HP:
※山田パンダさんの出演はありません。

+++++++++++++++++++++++++++

※弊社三貴エージェンシーの取扱いは
SS席プレミアムチケット8,000円のみとなります。

特別割引チケット
S席チケットに関しましては
夢グループにお問合せ下さい。

*************************************

【特割・S席お問合せ先】
㈱夢グループ
TEL 03-5395-5261(8:00~18:00)
FAX 03-5395-5694(24時間)

お電話・FAX・ハガキ・インターネットにて
*************************************

【予約受付】
FAX・メール・お電話にて受付
※お電話でのお申し込み、お問い合わせは《平日11時~18時》までとさせて頂きます。
※土・日・祭日は休業日となる為、お電話でのお問い合わせ、メールの返信は対応できませんのでご了承下さい。

************************************

【SS席プレミアムチケット予約方法】
下記まで電話、FAX、E-mailにて、又はHPお申込みホームよりお申し込みください。

「同窓会コンサート運営事務局」
三貴エージェンシー内
TEL:03-5430-8431≪受付時間 平日11:00~18:00≫
FAX:03-5430-8432
E-mail:
HP:

1)FAX、E-mailでお申込みの際には、必ず下記事項をご記入ください。
●郵便番号
●ご住所 (チケットをご送付いたしますので部屋番号まで、必ずご記入ください)
●氏名(ふりがな) 
●電話番号(ご連絡がつく番号で)
●公演日
●会場名
●昼の部 or 夜の部
●チケット枚数

2)E-mailでお申込みの場合、運営事務局より確認のメール送信をいたします。
FAXでお申込み頂いた方で確認の連絡を希望される方は、その方法をご記入下さい。
——————————————————
『注意事項』
●予約が完了しましたら、予約のキャンセ
はできません。
●お席の指定はできません。お席は抽選で決めさせていただきます。
——————————————————

≪チケット発送、料金支払い≫
予約が完了しましたら、事務局よりチケットを郵便局の代金引換にてご送付いたします。
チケット代金、送料(送料+代引手数料=500円
チケット代金合計30,000円超える場合は1,000円)を日本郵便の配達員にお支払いください。

*************************************

只今、コンサート開催に向けて
全国各地で調整を行っております。

皆様の町にも
伺うことが出来るといいですね~♪
詳細が決まりましたら
ご連絡いたしますので
宜しくお願いいたします。

また
同窓会コンサートホームページの
公演スケジュールもご参照ください。
URL:

*************************************

同窓会コンサート運営事務局
オールディーズステーション
株式会社三貴エージェンシー 
mailto:
URL:

あなたの町は
入っていましたか?

【Hit Song JAPAN昭和☆同窓会コンサート】からの
お知らせでした~♪

    ☆静江☆彡

真澄についての三つの立場

真澄様、折角のオフにお呼びだてして、申し訳ありませんでした。」
水城が決裁済みの書類を片手に真澄に詫びる。
今日という日が真澄にとって、どれ程待ち続けた日かを知っているだけに、完全なるオフを取らせてやりたかったが、仕事は容赦なく真澄を襲ってきたのだ。
真澄は朝一から出社し、最優先の決裁が必要だという案件を対応した。
「構わないよ。
第一これは君のせいじゃない、不可抗力だ。
君は秘書としてベストを尽くしてくれている。
感謝しているよ。」
今までも、真澄は幾度かその素顔を水城には見せてきたが、最近はそこに人としての優しさが加わった。
いや、それを素直に表現できるようになったという方が正しい。
速水真澄という男、元々は優しい人柄なのだと水城はもうずっと前から知っていた。
優しかったが故に、鋼鉄の鎧でその心を固めなければ生きてこれなかったのだ。
あの非情な速水英介の養子として。
そしてそんな真澄を変えたのが、他の誰でもなく真澄が心から愛する北島マヤだということも、誰が知らずとも水城だけは理解していた。
「さあ、真澄様、マヤさんがお待ちかねだと思いますので早くお出かけ下さいませ。」
水城は、クローゼットから真澄のコートと革の手袋を出して渡した。
「ああ、ありがとう、あとは頼んだよ。」
真澄もようやく仕事から解放されたことと、これからマヤに逢えるという高揚感で、いつになくそわそわしている。
真澄様、そんなに慌てなくても。
でも・・・マヤさんとの初めてのデートですもの、仕方ありませんわね。」
微笑ましい真澄の様子を見て、水城も笑う。
マヤとのすれ違いも誤解もすべてが片付き、晴れてやっと思いを通じ合わせた二人だ。
まだ公に交際宣言などはしていないが、もう誰憚ることなく付き合える立場になった。
そうなって初めての二人のプライベートのオフ。
そして、初のデート。
二人だけでの芝居鑑賞や会食などは過去にも経験している彼らだが、やはりそれとは別物なのだろう。
真澄の様子がそれを雄弁に語っていた。
「では、俺はこれで失礼する。」
「いってらっしゃいませ。」
颯爽とコートの裾を翻して、真澄が部屋を出て行くのを水城は微笑んで見送った。
真澄は会社を出て、そのまま丸の内方向に歩き出し、マヤに電話をかける。
ーマヤ?
ー今、会社を出たところだ・・・。
ー今、どこにいる?
ーわかった、五分で着くよ。
スマホをコートのポケットにしまうと、真澄は足早にマヤの待つカフェに向かった。
待ち合わせのカフェに到着すると店の中から、二人連れの女性客が出てきた。
「ね、奥の席に、女優の北島マヤいたよね?
もっと地味な子かと思ってたけど、綺麗な人だね。」
「うん、見た見た。
テレビで見るより、ずっと小さくて、可愛いね。」
すれ違いざまに聞こえてきた、マヤの話題。
真澄の神経が一瞬研ぎ澄まされた。
「同僚の男の子たちが、最近騒いでたわ・・・」
だが、彼女達を引き留めるわけにも、ついて行くわけにもいかず、やがて彼女達の声は消え去った。
真澄は気を取り直して店の中に入り、マヤを探す。
先ほどの彼女達の会話では、マヤは店の奥にいそうだ。
真澄はざっとあたりを見回すと、すぐに真澄の視線はマヤを捉えた。
改めてこうして、外の風景の中にいるマヤを見れば、昔と違って随分と華やかになったと思う。
自然と人目を惹く何かを漂わせているのだ。
そして何人かの客がマヤの存在を気にしているようだった。
そんなマヤを離れた所から暫し見つめていると、今度はマヤが真澄の存在に気づいた。
ニコッと笑って小さく手を振る姿は、可憐な菫の花のような可愛さだ。
マヤの仕草に、周囲の意識がマヤの視線の先にある真澄を捉える。
180センチを越えるモデル並みのスタイルに、目鼻立ちの整った白皙。
それに加えて滲み出る大都の後継者としての風格が、マヤ以上に目立つ存在となって周囲の視線を集めることになった。
だが、真澄自身の目にはもうマヤしか映ってはいない。
周囲の反応など、彼にはもうどうでもよくなっていた。
ゆっくりと真澄がテーブルにやってくるのをマヤはじっと見つめていた。
柔らかなベージュ色のトレンチコートにブラウンの革のグローブ。
前を閉めていないコートから覗くのは、トラッドな茶とベージュのグレンチェックのスリーピースだった。
仕立ての良い白のワイシャツの襟元は、きっちりとノットが整えられた臙脂色のmonogram柄のネクタイとゴールドのカラーピン。
足元は飴色のストレートチップのレースアップ。
そして時計は、Breguetの「Classique 5178」。
男性ファッション雑誌から飛び出たかのような出で立ちで、寸分の狂いも隙もない。
マヤは今更ながら恋人になった男の完璧さに息をのむ。
これでメタルフレームの眼鏡でも装着されたら卒倒するなと内心思いながら、ぼーっと真澄を見上げていた。
「待たせたな。」
穏やかに微笑んで、真澄がマヤに声をかける。
グローブを外し、コートを脱いで隣の椅子に置くと、マヤの正面に座る。
脚を組む様も優雅だった。
「どうした?ぼーっとして。
熱でもあるんじゃないのか?」
心配げに真澄がテーブル越しに手を伸ばして、マヤの頬に触れる。
シャツの袖から覗く、ブレゲを纏った手首がマヤの視野に入ってきて、男の艶を感じさせた。
途端にマヤの頬が薄紅色に染まる。
「は、速水さん・・・」
マヤが照れているのはわかったが、真澄はまるで御構いなしだ。
むしろそんなマヤを楽しんでるようにさえ見える。
「照れることないだろ・・・」
留学経験もあり、海外との要人とも付き合いのある真澄には日本人特有のシャイさはなく、欧米紳士然とした振る舞いを極当たり前にする。
レディファーストなど今更言うまでもない。
そしてその後しばらくは、久しぶりの逢瀬にありがちな、互いの近況を伝え合う。
そして、運ばれてきたコーヒーを飲みながら、真澄がマヤにどこか行きたいところはないかと尋ねた。
「速水さんに特に予定がなければ、これを観にいきたいの。」
マヤが目の前に出したのは、歌舞伎座の十二月大歌舞伎のチケットだった。
真澄は胸ポケットから徐に眼鏡を取り出してかけ、受け取ったチケットを確認する。
マヤはその真澄の何気ない仕草に、胸をときめかせる。
最近、近視が進んでいると眼鏡をかけるようになった彼だが、コンタクトレンズを勧められても、敢えて眼鏡にしたらしいと、マヤは水城から聞かされていた。
だがその理由が、マヤがどこかで『私眼鏡フェチなの〜』と誰かに口走ったのを真澄が人伝に聞いた事に起因しているなどとは、夢にも思わないマヤであった。
「昼の部だな。
こんな席、よく直前で手配できたな。」
「成駒屋さんが招待してくださったの・・・」
「ああ、神屋町の。
彼の方はマヤを本当に可愛がってくださるな。」
「で、大丈夫?」
「ああ、問題ない。
歌舞伎座ならここからタクシーですぐだし、時間も充分に間に合うだろう。」
そのまま真澄はチケットをスーツの内ポケットに仕舞う。
そして彼の長い指先が、眼鏡のブリッジを押し上げる。
その全ての仕草にマヤは見惚れていた。
真澄はわざと格好をつけて、自分に見せつけているのではないかと思うくらい、なにもかもがマヤの心に響いて仕方がない。
思わずマヤは火照ったような頬を、両手で押さえる。
「マヤ・・・本当に大丈夫か?」
真澄が再び、マヤを気遣う。
だがマヤは、恥ずかしくて本当の事なんて言えない。
目の前の貴方が格好良過ぎて、ドキドキしてますなんて。
「だ、大丈夫だから・・・。」
そんなマヤの内心をまるで見透かしたように、真澄が直球を投げて来た。
「・・・惚れ直したか?
マヤ、好きだろ・・・俺の眼鏡姿。」
その勝ち誇った顔がまた、憎いほどに様になっていた。
〜やられた・・・〜
マヤはもはや白旗を上げるしかなかった。
だからマヤは素直に小さく頷いた・・・そしてその瞳は心なしか潤んでいた。
一方、真澄もそんなマヤの仕草が可愛くて仕方なく、彼女の一挙手一投足から目を離せない。
〜マヤ・・・その眼は反則だ・・・〜
自分が贈ったネイビーのワンピースを上品に着こなし、派手さはないが、見る者が見れば一目でそのクオリティがわかるダイヤのイヤリングとペンダントも周囲の女性達とは明らかに一線を画していた。
長い時間をかけて彼女を磨いてきたという自負が真澄にはあったが、洗練された彼女を見てるだけで、胸が高鳴る。
歳上の男のメンツにかけて、余裕のある振りをしてはいるが、内心はマヤと然程に変わりはしなかった。
マヤとこうしていられることがただ嬉しくて、浮き足立っている自分がいる。
けれどそれが嫌じゃないから始末に負えないのだ。
しばらくは二人でお茶を飲み、今日の予定を話し合う。
初めてのデートといっても、これといって何をするとは決めていなかった。
とにかく、気兼ねなく二人で過ごせればそれで良いと思っていた。
二人で普通に街を歩く・・・今までのすれ違いや幾多の困難、紆余曲折を経てきた二人には、たったそれだけでも夢のような時間だったから。

「さあ、マヤそろそろいこうか。」

「はい。」

真澄は席を立ち、身支度を済ませると、マヤのコートを手に取り彼女に着せ掛けてやる。
二人が席を立つと、周囲の視線が二人に集まった。
それすら心地良さげに真澄はマヤをさりげなくエスコートして店の出口に向かった。

「速水さん、東銀座まで歩かない?
まだ、時間はあるでしょ。」


の誘いを断る理由はない。
「いいよ。」

どれだけ世間から注目されるようになっても、マヤはマヤのままだ。
コソコソ隠れるようなことはしない。
それはそれで潔く心地いいから、真澄もそれに付き合う。
むしろ晴れて恋人同士になった今、マヤは自分のものなんだと声をあげて世界中に叫びたい衝動すらある。

「みんな、速水さんのこと見てたね。
貴方がお店に入ってきた時、女の人達が騒ついたわ。」

「そうか?
俺はマヤの事しか眼中になかったからな。
キミ、意外に余裕があるんだな。
マヤも夢中で俺のことだけを見てるんだって思ってたのに。
まあ、妬いてくれていたなら俺としては嬉しいけどな。」

マヤの可愛いヤキモチもサラッと受け止める真澄
彼女がヤキモチをやいてくれるなんて、一ヶ月前の自分には想像すらできなかった。
それどころかこれまではずっと、マヤに群がる男の影に嫉妬させられるばかりだった。
ふと、その頃の切なさが真澄の中に蘇る。
真澄は革のグローブ外して、そっとマヤの手に触れ・・・そのまま、彼女の手を握る。
マヤは思わず隣の真澄を見上げるが、真澄は前を向いたまま知らん顔をしている。
恥ずかしさよりもマヤへの愛しさの方が遥かに上回っており、真澄は心の命ずるままにマヤに触れて彼女を愛おしむのだった。
歌舞伎座に着くと、マヤはロビーで御贔屓様を接待する成駒屋の夫人に挨拶をした。
「マヤさん、よくいらして下さいました。
主人も喜びますわ。
後で是非、楽屋も覗いてやって下さいね。」
「今日は、御招き頂きまして、ありがとうございます。
神屋町のおじ様の舞台、しっかり勉強させていただきます。」
舞台人らしい挨拶だ。
真澄は堂々と振舞うマヤに満足気に寄り添う。
「まあまあ、速水社長もお越しいただけるなんて。
昨年の叙勲の時には、たいそうなお祝いを頂戴しまして、本当にありがとうございました。」
「神屋町もお元気で何よりです。
いつも北島を可愛がっていただいて、こちらこそ感謝しております。
これからも歌舞伎界のため、お元気でいていただかないと。」
「ありがとうございます。
それはそうと、速水社長もそろそろ・・・かしら?」
マヤと真澄と交互に目を合わせながら、夫人が微笑む。
「とてもお似合いですわ。」
必要最低限の言葉ながら、他人からマヤとの付き合いを認められて褒められれば、マヤの恋人になれたという実感が真澄の心をひたひたと満たす。
成駒屋夫人と別れ、パンフレットを買ったマヤに寄り添っていると、何人かのファンに声を掛けられた。
「北島マヤさん、紅天女を見てから、あなたの大ファンになりました。」
「私、マヤさんのファンなんです。」
「テレビで見るより、もっとお綺麗ですね。」
芝居好きマダム達が集まる場所だけあって、マヤの人気も凄い。
マヤは誰にでも分け隔てなく、にこやかに言葉を交わして、求められれば記念撮影にも応じている。
事務所的には止めたいところだが、マヤがそれを良しとせず、プライベートでのこうした対応はマヤに任せている。
それに今日は、事務所社長として一緒にいるわけではない。
となれば尚更、マヤの好きなようにさせてやりたいと真澄は思った。
「マヤさんの恋人さんですか?
モデルさんか何かやってらっしゃるの?」
ついにはマダム達の興味は真澄にも及ぶ。
マヤと違って、一般には露出が殆どない真澄の存在は彼女たちには不思議なのだろう。
「奥様方のご想像にお任せするとしましょう。」
真澄は営業用のキラースマイルで、マダム達の口撃をスマートに交わすと、これ以上は野暮と、引き際を弁えている粋なマダム達は、あっさりと別れの挨拶をしてホールに消えていった。
「さあ、俺たちも席に着こう。」
こうして、真澄とマヤは座席に着き、二人揃ってでは初めての歌舞伎鑑賞を楽しんだ。
Epilogue
楽しい時間は瞬く間に過ぎてゆき、東京の夜景を眺めながらワインを嗜む二人。
「もうすぐ12時の鐘が鳴ってしまうな・・・」
真澄がポツリと呟く。
「・・・うん。」
マヤも淋しさを隠せない様子だった。
「恋人になったら、もう淋しくなんかないと思ってたのに。
変ね・・・前よりももっと淋しいって思っちゃう。」

マヤの言葉が真澄には痛い程よくわかった。
真澄も同じ思いを抱いていたからだ。

「日に日に離れていることが辛くなるみたいだ。」

真澄がマヤの手を握る。
「・・・一緒に暮らさないか?」

「えっ?」
「すぐには婚約も、結婚もできないのはわかってる。」

どんなに愛し合っていても、互いの思いだけで自由にはできない、そんな立場にいる二人だ。

「でも、少しでも長くマヤと一緒にいたいんだ。」

「速水さん・・・」

「マヤのそばにいたいんだよ・・・」

握った手に少しだけ力が入る。

「マヤは・・・マヤは違うのか?」
昼間の自信に溢れた真澄とはまた違う貌を見せる。
不安に揺れる瞳は、ただの恋する男のそれだった。
「違わない・・・一緒だよ。
速水さんと同じ思いだよ。」

マヤも一生懸命、その思いを伝える。

「・・・良かった。」

真澄がホッとしたように呟き、ワインをグッと飲み干す。


今日という日はもう終わってしまうけれど、それは明日という日の始まりでもある。

恋人として紡ぐ日々を一日一日大切にしたい。
そして近い未来に二人が結ばれることを信じて。

12時の鐘が鳴ったとき、二人は惹かれ合うように口付けを交わした。
彼らの魔法が解けることは永遠にない・・・
〜Fin〜
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中